【比較】ミノキシジル vs チャップアップ。発毛効果があるのはミノキシジル。

さて、先に結論を述べてしまうと・・・

  • 薄毛の進行が限定的な人→チャップアップ
  • 薄毛が進行している人→ミノキシジル(リアップなど)

・・・

・・・

薄毛対策の商品を探す中で、最終的に良さげなのがチャップアップとミノキシジル。どちらもレビューが多く(中には信頼できない投稿もあるが)、一体どちらを購入するべきなのか・・・??

男性向け育毛剤人気ナンバーワンの「チャップアップ」対して、AGA治療薬として有名なミノキシジル、いったいどちらが効果はあるの?と悩む人も多いでしょう。

この2つの商品、まず根本的に「区分」として大きな違いがあります。

チャップアップは医薬部外品の薬用育毛剤なのに対して、ミノキシジルは厚生労働省から発毛効果が認められている有効成分です。

ミノキシジルは有効成分の名前であると同時に外用薬の名前でもあり、外用薬の他に内服薬のミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)があります。

ミノキシジルタブレットの個人輸入できる?→輸入代行業者は【グレー】

AGA専門クリニックなどで処方されるミノキシジルの外用薬やミノキシジルタブレットは第一類医薬品で、発毛効果が期待できる発毛剤です。

ミノキシジルが配合されたリアップという商品名の市販の発毛剤もあり、こちらはドラッグストアでも気軽に購入できます。

複数ラインナップがある「リアップ」の比較はコチラ

【発毛剤】リアップ6商品の違い【全比較】

そして、大まかな結論を述べると、

  • チャップアップは育毛剤であり副作用はほとんどないが、対策効果は限定される
  • ミノキシジルは発毛剤であり副作用もありますが、発毛効果がある

チャップアップの効果と作用

チャップアップの有効成分として以下3つが挙げられます。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ジフェンヒドラミンHCI

センブリエキスには頭皮の血行を促す作用があり、頭皮の隅々に栄養分を届けるために欠かせない成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用があり、頭皮を清潔に保ってくれる作用があります。

頭皮環境を整えたり、皮膚の腫れやかゆみを抑える作用があるのがジフェンヒドラミンHCLです。

この3つの成分をメインとして、チャップアップには他にも55種類の天然成分や15種類のアミノ酸も配合されています。

頭皮を保湿したり血行を促したりと、さまざまな角度から薄毛の原因にアプローチしてくれる成分で、3つの有効成分の働きをサポートします。

3つの有効成分にプラス、サポート成分も贅沢に配合された育毛剤がチャップアップです。

硬くなった頭皮を柔軟にして血行を促し、過剰な皮脂分泌を抑えるなどの効果が期待できるでしょう。

つまり、チャップアップは髪が生える土壌となる頭皮環境を整えることを目的とした育毛剤で、主要成分のほとんどは天然由来なので安心して使えることもメリットです。

また香料や着色料、鉱物油やパラベンなどの余計な成分は無添加なので、敏感肌の方や薄毛が気になる女性でも安心して利用できます。

ミノキシジルの発毛効果

一方のミノキシジルには、頭皮の血行を促進する効果と毛母細胞に働きかけて毛母の細胞分裂を活性化する働きがあります。

チャップアップに期待できるのが頭皮環境を整える働きなのに対して、より積極的な髪が生えるという効果が期待できるのがミノキシジルです。

もともと高血圧症を治療するための血圧降下剤として開発されたミノキシジルには、血管を広げて血流を良くする作用があります。

それと同時に毛母細胞に直接働きかけて細胞分裂を促し、髪の成長を促す働きもあります。

この2つの働きによって発毛を促してくれるのがミノキシジルで、こちらも女性の薄毛対策にも利用することができます。

男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨度Aに認定されているミノキシジルには発毛効果が高く期待できる分、副作用もあります。

ミノキシジルの外用薬には、かゆみやかぶれ、頭痛やめまい、手足のむくみなどの副作用が起こるリスクがあります。

外用薬よりも高い効果が期待できると言われるミノキシジルタブレットにも同じく頭痛やめまい、手足のむくみの他に、身体の中から作用するので多毛症の副作用が起こるリスクもあります。

ミノキシジルタブレットには多毛症やむくみなどの副作用のリスクがあるので、女性に対して処方されることはありません。

ミノキシジルとチャップアップどっちを選ぶべき?

【結論】

  • 薄毛の進行が限定的な人→チャップアップ
  • 薄毛が進行している人→ミノキシジル(リアップなど)

チャップアップの方は天然由来成分を中心に作られた低刺激の育毛剤で、ミノキシジルのような副作用が起こるリスクはまずありません。

ただ発毛効果はなく、主に期待できるのは頭皮環境を整える効果です。

ミノキシジルの発毛効果を高めるためには何よりもまずは頭皮環境を整えることが大切なので、チャップアップとミノキシジルを併用するのも良いでしょう。

薄毛がそこまで進行しておらず予防のためならチャップアップで十分で、副作用のリスクがあるミノキシジルまでは必要ないケースもあります。

しかし、すでに薄毛が進行しているならチャップアップを使い続けても思うような効果が上がらないでしょう。

ミノキシジル外用薬(塗り薬)や内服薬、さらにAGAの進行を食い止めるプロペシアを使用しないと薄毛がどんどん進行する可能性もあります。

ミノキシジルの代表的商品は、CMでお馴染みの大正製薬の「リアップ」ですね。複数商品あるので、選び方の参考になさって下さい。

【発毛剤】リアップ6商品の違い【全比較】

チャップアップもミノキシジル商品も、どちらも薄毛対策で人気の商品ですが、このように髪や頭皮への作用が違うことを理解し、状況に応じて使い分けることが必要です。

薄毛の進行がそこまで進んでいないのであれば、まずはチャップアップが良いかと思います(副作用の心配もないので)

>>チャップアップ(キャンペーンサイト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする