ミノタブの【比較】と【超絶・注意点】

薄毛に悩む人たちの救世主となってくれるのがミノキシジルタブレット、通称ミノタブです。

発毛効果が認められているミノキシジルには外用薬や注入タイプがありますが、服用タイプのミノタブが最強と言われています。

ミノタブの商品比較や期待できる効果、さらに副作用について詳しく紹介しますので参考にしてください。

内服のミノキシジルは外用ミノキシジルよりも効果が高い

日本皮膚科学会による男性型脱毛症診療ガイドラインでも「推奨度A」に認定されているのがミノキシジルで、最強の毛生え薬とも言われています。

最強の毛生え薬と言われるミノキシジルの中でも錠剤のミノタブが最も効果が高いと言われています。

ミノタブは身体の中から作用するので、頭皮に塗る外用薬や注入タイプのメソセラピーよりも効果がさらに期待できるのです。

いろんな育毛剤を使ってみたけどどれもいまひとつだったという人でも、ミノキシジルタブレットでだけは実感できたという人もたくさんいます。

薄毛に悩む人の中にはこれからミノタブを試してみたいと考えていえる人も多いかと思いますが、ミノタブにもいくつかの種類があるので、ページ後半で紹介したいと思います。

その前に、ミノタブを入手するにあたりいくつか注意点があるので、その点も説明しておきたいと思います。

ミノタブの【入手方法】と【知っておくべきこと】

ミノタブの入手方法としては以下2つです。

  • 専門クリニックに行き専門医から処方してもらう
  • 通販で購入する

高い効果が期待されるミノタブはそれだけ副作用も懸念されています。ですから、基本的に日本では専門クリニックで処方してもらわないといけません。

AGA専門クリニック や薄毛外来などで医師に診察してもらい、処方してもらったミノタブを医師の指示通りに服用することが義務付けられています。

薄毛の状態や体質によって最適な濃度のミノタブが処方され、定期的に血液検査も行って身体への負担を見ながら治療が進められます。

専門医に処方してもらえばやはり安心ですが、仕事で忙しく定期的に専門クリニックに通うのは大変という人も多いでしょう。

また薄毛治療は保険が適用されない自由診療となるので初診料や診察料、ミノタブの費用などはすべて自己負担です。ですから経済的な負担も大きくなります。

海外ではミノタブ事情が異なるが・・・

日本では医師から処方してもらうことが義務付けられていますが、海外ではドラッグストアでもミノタブが販売されているほど規制が緩いです。

海外では医師の処方がなくてもドラッグストアなどで気軽にミノタブが購入できるので、個人輸入代行を利用してミノタブを入手することもできます。

もちろん診察料などは不要で、医師から処方されるよりもかなり安くミノタブが購入できます。これが個人輸入代行を利用するメリットです。

(※しかし最大のデメリット・注意点も同時に存在するので、ページ後半に記述しています)

海外で販売されているミノタブを通販で購入することもできますが、その場合は、複数種類あるミノタブを自分で選ばないといけません。

専門クリニックに行けば医師が最適なミノタブを処方してくれますが、通販で入手するときには自己責任によるチョイスが必要となります。

ミノタブは複数種類あり、製造会社や価格、内容量、濃度などに違いがあります。

海外製なのでどれを選べば良いのかと不安もありますが、やはり信頼度の高い会社なのか品質や安全性についてしっかり調べてから購入することが大事です。

ミノタブの商品比較

では具体的にどれを選べばいいのか・・・?

品質の高さで選ばれているのがLloyd社のミノタブで、本社はフィリピンにあります。

米国Mutual Pharmaceutical製や、T.O.Med Co.Ltd.製のミノタブを個人輸入代行業者の通販から購入出来ます。

ミノキシジル濃度も様々です。

各会社のミノタブには2.5mgや5mg、10mgなど濃度が異なり、当然ですが濃度が高ければそれだけ効果も高まります。(もちろん副作用のリスクも高まりま)

ミノタブを初めて利用する人は、最も濃度が低い2.5mgから始めるのがおすすめです。効果も下がりますが、それだけ副作用のリスクも下がるので安心です。

2.5mgのミノタブから始め、髪の毛への効果や副作用の症状など様子を見ながら濃度を高めていくのが良いでしょう。

Lloyd社製のミノタブは専門機関からの成分認定済みで世界中からの評価も高く、2.5mg、5mg、10mgとすべての濃度が揃っています。

米国Mutual Pharmaceuticalは、フィラデルフィアの老舗製薬会社です。こちらのミノタブも専門機関からの成分認証済みですが、こちらは、5mgのミノタブがなくLloyd社製よりも値段が少し高めです。

身体の中から作用するミノタブが外用薬や注入タイプよりも高い効果が期待できるのは、成分が作用する時間が長いことが挙げられます。

また成分が血液で運ばれて頭皮までしっかり届けられることや、空気に触れずに摂取できることもミノタブの魅力です。

【注意】ミノタブの副作用には要注意

(出典引用:reddit

発毛効果が認められているミノキシジルの中でも最強のミノタブですが、その分副作用のリスクも高いことも十分に理解して利用しないといけません。

ミノタブを服用することで懸念される副作用の症状としては手足や顔のむくみ、多毛症や発疹、頭痛や吐き気などがあります。

他にも動機やめまい、倦怠感などが起こる可能性もあります。やはり内服タイプの発毛剤なので、髪の毛だけでなく体毛や髭などが濃くなる多毛症のリスクは避けられません。

また、ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬だったので、血圧が下がることによる動機やめまいなどの副作用が起こるリスクもあります。

【超絶・注意点】ミノタブは自己責任です(特に個人輸入)

最強の発毛剤と言われるミノタブには副作用のリスクを理解しましょう。そして特に、個人輸入や輸入代行の通販で購入する場合は注意が必要です。

海外では承認されているミノキシジル商品でも、大多数が「日本では未承認」です。万が一、重度の副作用が発生した場合でも、日本政府としては何もしてくれません!!

なぜなら、日本政府として商品していない医薬品を勝手に使った結果の副作用なので・・・・。

効果は抜群で、安価に手に入れる手段もあるけど、こういったアフターケアに関する部分は「皆無」なので、全て自己責任となります。

上記内容を理解した上でもミノタブを試すのなら、自己責任で構いませんが、その安全性のリスクから、正直私は推奨しません・・。

やはり、日本で承認されている医薬品の「リアップシリーズ」や、AGA専門クリニック 「承認薬としてのミノタブを処方」してもらうのが最も安心です。

【発毛剤】リアップ6商品の違い【全比較】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする