リアップとプロペシアどちらを選ぶべき?発毛効果の大小は違うのか?

リアップって少し前ですが頻繁にテレビ CM をしていましたよね?なんでも日本で唯一発毛効果が認められた発毛剤なんだとか。

でもちょっと待って。確かプロペシアも厚生労働省に認可され正式な発毛剤として商品化されていますよね?

確かプロペシアが認可されたのは2005年だったと記憶しています。それまでは、リアップが、科学的な発毛効果のバックグラウンドがない「その他育毛剤」よりも、一歩も二歩もユーリに商売を勧められたのは間違いありません。

一応確認したところリアップもプロペシアも、どちらも日本およびアメリカで認可されています。発毛効果の有効成分としては以下の通りです。

  • リアップ:ミノキシジル
  • プロペシア:フィナステリド

・発毛効果のメカニズムの違い

まあかなり大雑把に言ってしまえば、リアップは血管を拡張して血流を増加させることによって、髪の毛の発毛を促します。

ただし血管を拡張するという事象は、髪の毛を生やす事を主目的としていないため、いわば副作用として髪の毛が「結果として」生える。というのがより正確なメカニズム。

それに対してプロペシアの方は、 AGA の原因の一つである DHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑制することによって、 AGA の進行を止め、大本の原因を根絶するメカニズムです。

・副作用の違い

調べてみると結構怖いことが書いてあります。リアップでは使用した人が死亡したケースもあり、プロペシアに関しては取り扱い説明書に発がん性が記載されています。

と言ってもあくまで可能性があるというレベルにすぎませんが。タバコは発がん性があると言っているようなものです。

リアップの副作用は、主に頭皮のかゆみやかぶれなどといった、いわば外から見えるような症状です。

それに対しプロペシアの方が肝機能などにも傷害を与えるおそれがあり、かなり注意する必要があります。

単純に副作用だけで見ると、リアップの方が安全性が高いと言えるのではないでしょうか。

・どちらの商品を選択すべきか?

これは難しい問題です。単純に価格だけ選ぶのであれば、プロペシアの方がコスパが高いと思います。そして効果としてもプロペシアの方が高いのではと私は考えています。

というのもリアップの場合は、頭皮に塗るタイプしか存在せず、口から服用するタイプは商品化されていません。(厚生労働省に口から飲むタイプは認可されていない)

当然ながら口から摂取する場合と頭に直接塗る場合では、 口から摂取した方がより効果が高いです。直接塗った方がなんとなく効きそうなイメージがありますが、口から摂取すると内臓で吸収され、吸収された成分が全身に行き渡りますので。

高い効果を期待するのであればプロペシアの方が良いと思います。ただし副作用が強烈なので、きちんと医師の判断に基づき服用することが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする