女性用育毛剤は発毛効果無し。本気の薄毛ケアは【内側】からが重要

とても残念なお知らせなのですが、女性用育毛剤には発毛効果はありません。

つまりいくら育毛剤を使おうと、元々無いところに新たに毛が生えてくるということはありません。

そもそも発毛効果が認められているのは、

  • ミノキシジル
  • フィナステリド

この二つの成分だけです。

そしてこれらの成分を配合することが許されるのは、医薬品に限られます。女性用の育毛剤の多くは、医薬部外品に該当します。

つまり発毛効果が認められている上記二つの成分は配合されていない(配合することが認められていない)わけです。

ですから、残念ながら女性用育毛剤には、発毛効果はありません。

色々な販売ページを見ると、あたかもないところに毛が生えるような記述が見受けられますが、それは販売会社のテクニックであり、薬機法に触れないよう、たくみに言葉を操り、上手に消費者を誤解させようとしています。

もちろんこれは「法律違反」ではないのですが、倫理的にはギリギリのところを攻めている販売会社もあります。度が過ぎると薬機法違反や、優良誤認により指導が入ることがありますからね・・・。実際に何社か指導されている過去もありますし。

・・・

すみません・・少し話がずれてしまいました。

要は、何が言いたいかと言うと、女性用育毛剤の効果として認められているのは、

・今存在する髪の毛をよりすこやかにして、ハリやコシをたもつという効果。

それはつまり頭皮環境を整える効果に留まり、新たに発毛する効果はないということ。

もう少し具体的に述べると、育毛剤の効果としては

  • 頭皮の余分な皮脂を落とす
  • 頭皮の炎症を抑える

広く述べると、上記の効果に限定されます。

つまり、育毛剤には表面上のケアをすることは可能ですが、発毛に最も重要な「内側からのケア」はできないということになります。

だから発毛効果はないわけです。

そしてご存知かもしれませんが、男性と女性では薄毛対策のアプローチ方法が異なります。

男性と女性で薄毛対策のアプローチは異なる

男性はAGAと呼ばれる薄毛の進行がメインですが、女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れや栄養不足などが代表的な要因です。

よく、妊娠中や産後の薄毛に悩まされる人いますよね?あれはまさにホルモンバランスの乱れによるものです。妊娠や授乳による栄養バランスの乱れや、栄養の不足なども重なり、女性にとってはダブルで薄毛になり易い時期なのです。

ですから女性の薄毛対策として大事なのは

  • 育毛に必要な栄養素の補給
  • ホルモンバランスの乱れ改善

つまり育毛剤による表面的なケアではなく、内面からの根本的な対策が重要となってくるのです。

女性の薄毛対策に必要な栄養素は、以下の通りです。

  • 大豆イソフラボン
  • 亜鉛
  • L-アルギニン
  • L-シトルリン
  • パントテン酸カルシウム
  • L-リジン
  • ケラチン

本当に薄毛対策をする気があるなら、これくらいの栄養素を摂取することが必要なのです。食品から摂取しようとすると、お金もかかりますし、カロリーオーバーも懸念されます。

ですからやはり、女性の薄毛対策に特化した成分が凝縮されているサプリメントに頼るのが良いでしょう。

よくあるような一般的な健康サプリメントとは一線を画する商品です。

薄毛を熟知した医師が監修した、女性専用のサプリメントがこれ。

>>イクモア

女性の薄毛対策に必要な成分がこれ一本に全て凝縮されています。これ一本で済むのでお手軽でかなり魅力的な商品ではないでしょうか?

・・・

でもさぞやお値段が高いのでは・・・??

・・・

はいその通り。薄毛専門医の受診や治療を行うと、一ヶ月あたり1.5万円から4万円ほどはかかります。(通院回数や治療内容にもよりますが)

一般的には半年ほどは通院する必要があるので、最低でも10万円近くはかかってしまうのが現実です。

しかし、私がオススメするイクモアは、一か月当たり1万円以下で試すことができます。女性に必要な栄養素を惜しみなく配合しているので、一か月で効果を実感する人もいるほどです。

さらに今なら初回が46%OFFで試せるので、在庫が切れないうちに購入した方が良いと思いますよ。

定期コースと言っても、通販にありがちな継続回数の縛りはなく、消費者にとって非常に有利な条件になっています。

それゆえ、注文が殺到し在庫切れとなるケースがあったので、入荷待ちになる前に公式サイトを確認した方が良いと思います!

>>公式サイトはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする